MENU

ワードプレス サイト 削除

ワードプレス削除

理由あってワードプレスのサイトを1つ削除することにしました。やったことを忘備録として残しておきます。ちなみにレンタルサーバはエックスサーバーです。

エックスサーバには削除するドメインの他に趣味のサイトなど複数のドメインを登録しているので、他のドメインを消さないように注意が必要です。

ワードプレスを削除した後、データベースも併せて削除しました。

目次

ワードプレスの削除

エックスサーバのサーバーパネルにログインします。左下に「設定対象ドメイン」から削除するワードプレスのドメインを指定して「設定ボタン」をクリックします。

エックスサーバー サーバパネル1

WordPressメニューの「WordPress簡単インストール」をクリックします。すでにWordPressがインストールされているので、その情報が表示されます。そのうち、「MySQLデータベース名」をメモっておきます。WordPressを削除した後、データベースも削除する時に必須となります。

エックスサーバー WordPress簡単インストール画面

上画像右にある「削除」ボタンをクリックすると確認画面に遷移します。

エックスサーバー WordPress削除画面

右下の「アンインストール」ボタンをクリックすると、WordPressは削除されます。ちなみに、上の方で

データベースを使用しているスクリプトの場合、データベースについては別途手動で削除していただく必要があります。

と表示があります。「削除」ボタンをクリックした後は下の表示となります。

エックスサーバー WordPress削除完了画面

WordPressは無事削除されました。

データベースの削除

引き続きデータベースを削除するため、一度サーバパネルのトップページに戻ります。

エックスサーバー サーバパネル1

データベースメニューから「MySQL設定」をクリックします。エックスサーバで使用しているデータベースの一覧が表示されます。

エックスサーバー MySQL一覧画面

使用中のデータベースには「」マークがあり、WordPressを削除したドメインには「」がありません。間違いがないよう、WordPress削除前にとったメモと併せて確認し、当該データベースの削除ボタンをクリックします。

MySQLデーベース削除の確認画面に遷移します。

エックスサーバー MySQL削除確認画面

「削除する」ボタンをクリックして、データベースの削除を完了します。

エックスサーバー MySQL削除完了画面

最後に

この後、同じドメインでWordPressをインストールしてみましたが、全く問題なくインストールできました。ちなみにデータベース名は削除する前と同じ番号が割り当てられました。

削除したあとに「日本書紀ゆかりの地を旅するブログ」を立ち上げました。神武天皇にゆかりのある史跡、聖徳太子にゆかりの地など、テーマ別にいくつかコースを考えてみました。

2020年は日本書紀編纂からちょうど1300年にあたるということで、サイトを立ち上げました。コンテンツがまだ少なく奈良県以外は手つかずで、完成にはほど遠い状態ですがよかったら古代史に興味のある方はお立ち寄り下さい。

日本書紀の旅 | 日本書紀ゆかりの地をGoogleMapで紹介するブログです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次