MENU

豆まき 掛け声 節分

節分

節分。その昔、立春が一年の初めと考えられていた頃、大晦日にあたる節分には悪鬼・邪気を追い払う「鬼やらい」という行事が宮中で行われていたといいます。節分に豆をまく習慣は「鬼やらい」が変形したものともいわれます。

目次

豆まきのかけ声あれこれ

豆まきといえば「福は内、鬼は外」の掛け声。全国共通のものと思い込んでいましたが、地方によっては微妙に違ったり、え〜と驚くものがあったりと・・・おもしろそうだったので調べてみたものをいくつか紹介します。

茨城県

鬼は〜外、鬼は〜外
福は〜内、福は〜内
福の神でぶっちめろ

「ぶっちめろ」とは追い払えの意味だそう。

宮城県

福は〜内、福は〜内
鬼は〜外、鬼は〜外
天打ち地打ち四方打ち
鬼の目ん玉ぶっつぶせ〜

何やら物騒ですが、鬼の目には天気や水の出る場所を読むことができる特別な力があるといわれていることから、鬼をやっつける時はまず「目」からということでこう叫ぶそう。

群馬県藤岡市

福は〜内、鬼は〜内

藤岡市に編入された鬼石(おにし)町は鬼が投げた石でできた町だという言い伝えがあることから

鬼怒川温泉

福は〜内、鬼は〜内

地名からこう言うそうです。

福島県二本松市

福は〜内 おに〜外

微妙ですが通常の「おに〜外」の「は」がありません。これは江戸時代初期の大名、二本松藩の藩主「丹羽光重(にわみつしげ)」に忖度したからといわれます。

「鬼は外」だと「おにはそと」→「おにわそと」「お丹羽外」となり、藩主を追い出すことになるので「は」をとったのが、今もしっかり受け継がれているということです。

豆まきという行事がない渡辺さん

意味不明なので補足すると、豆まきがないだけでなく、そもそも渡辺さんには節分という行事がありません。

余計分からなくなりました。

ここからは全国渡辺会の副会長さんのお話です。

全国にいる渡辺さんの祖となった人は平安時代の武士「渡辺綱(わたなべのつな)」。実在の人ですが伝説の多い事でも有名で、謡曲『羅生門』では、羅生門の鬼の片腕を切り落として退治したとされています。鬼は恐れて渡辺さんのところにはやってこないからやらなくてもよいことになったということです。

豆まきの掛け声ではないのですが・・・ちょっとおもしろかったので・・・

豆まきは落花生? 大豆?

落花生をまくのは北海道や東北地方だけの風習だと知ったのはほんの数年前。それ以外の地方はほとんど大豆をまくんですね・・・。

豆まき大豆

豆まきの豆は「落花生」をまくものだと子供の頃からなんの疑問も抱かずにず〜っと思ってきました。そもそも豆まき用として落花生が売られていましたし、豆をまいても部屋が汚れず、豆まきが終わったらすぐ食べられるので、よく考えられているなーとすら思っていました。

初詣の参拝客が多いことで有名な成田山新勝寺の豆まきには大豆、落花生両方使われるとのこと。落花生の生産が全国一の千葉県だからということもあるかもしれません。

あと、この記事を書くに当たり調べたら、宮崎県や鹿児島県でも落花生をまくそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次