MENU

緊急事態宣言 店の対応

スーパーのイメージ

4月7日、やっと緊急事態宣言が出されました。

海外でも注目されていたようですが

東京では感染者が急増しており、緊急事態宣言の対応は遅すぎる
日本人は在宅を強制されないし、自粛要請に従わなくても企業は処罰されない

現実には見せかけだけという指摘もありますが・・・それはともかく

4月8日のあさチャン!で、緊急事態宣言を受けた東京都の要請に対する、各社の対応をまとめていたので紹介します。

スーパー

以下の各社は基本的に営業します。

  • ヨーカドー
  • イオン
  • サミット
  • ライフ
  • オオゼキ
  • 成城石井
  • コストコ

感染を防ぐ上での対応について

コストコ:2m以上間隔を空けるために赤いラインを設ける(床に貼る)
ヨーカドーライフ:間隔調整のための目印を設ける
成城石井:ポスターを掲示し注意喚起する
サミット:イートインを90店舗で使用禁止 キッズスペースの中止

コンビニエンス ストア

各社基本的に通常営業します。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セブンイレブン

セブンイレブンでは一部店舗でレジ前にテープを貼り距離を空ける配慮をする予定

飲食店

お店によって対応が変わっています。事前の確認が必要です。

コーヒー店

スターバックス:4月9日から一部除き臨時休業

タリーズ:約150店舗休業 約300店舗時短営業

ファミレス

すかいらーくグループ:ジョナサン、バーミヤン、夢庵など6系列店でアルコールの飲み放題を休止

牛丼

吉野家:通常営業
すき家:通常営業
松屋:対応検討中

ファーストフード

ケンタッキーHD:7都府県全店舗で20時までの時短
マクドナルド対応検討中→休業(4/9追記)

居酒屋

和民:7都府県すべての店舗で臨時休業を検討

大手百貨店(関東に限る)

同じ業界でも店によって対応が違っているので注意が必要です。

三越伊勢丹:全館休業
大丸松坂屋百貨店:全館休業
西部・そごう:食品売り場のみ営業
高島屋:食品売り場のみ営業
松屋:銀座・浅草の店舗を臨時休業。
※ 松屋の取締役はによると、「こんなに長期間店を開けられないのは太平洋戦争以来」だそう。。

その他スーパーの感染防止対応例

マルヤス大森町店
従業員にゴム手袋、ゴーグルの着用を義務づけている。

コストコ川崎倉庫店
毎週火曜日午前8時から9時45分まで65才以上や障害のある人のみ入店可能にする。

小売り業(4/9追記)

無印良品:休業
ニトリ:休業

東京都の休業要請は4月9日までに

東京都は4月8日中に詳細を示す予定でしたが、都の案について国からきびしすぎると指摘され調整を余儀なくされたそう。特に百貨店、居酒屋、屋外の運動施設について

また、理容室、美容室について東京都は休業要請するつもりでしたが、アベ首相は生活に必要な施設として認識しているのことと、感染例がない施設であることも休業する必要がない理由に挙げていました。

どの施設を、どの店舗を休業要請にするかは都道府県の知事に委ねられているはずですが・・・

「感染が確認されていない施設まで対象に加えるのか?」という主張は、新型コロナがどこで感染するかわからないから怖いというそもそもを忘れている発言のように思えます。

経済への心配も大事ですが、もっと大事なことは感染をこれ以上広げないこと。

お願いしておきながら補償はしない、でも口は出す。この後に及んでもなにかの利権が・・・と勘ぐってしまいますが、いつもながらの最低な政府の対応、どうにかならないのでしょうか?

大阪

通天閣:展望台部分を臨時休業(期間未定)
四天王寺:すべてのお堂を閉鎖(期間未定)→6世紀聖徳太子創建以来初めて

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次