Insta360 ONE R 360度版 購入 アクセサリー

Insta360 ONE R ガジェット
Insta360 ONE R360版

360度カメラを探して見つけたのがInsta360 ONE R。

レンズモジュールを交換することによって、4Kのアクションカメラになったり、360度カメラになったりする今までになかったタイプのカメラ。

スマホやパソコンのアプリがメッチャ簡単という評判もあって、今回Insta360 ONE Rを購入しました。

同時に購入したアクセサリーを含めて紹介します。

Insta360 ONE Rのカメラモジュール

交換できるレンズモジュールは2020年6月時点で3タイプあります。

上の3つタイプはそれぞれのパッケージとして販売されていますが、お得なのは4Kの広角モジュールと360度デュアルレンズがセットになったツインモジュールセット。

レンズ交換可能な革新的なプロダクトです。360度撮影用レンズ・標準4K広角撮影用レンズを交換することで、360度撮影、広角4K撮影を一台でこなします。

360度デュアルレンズ版(¥55,000)を購入したあとで4K広角モジュール(¥13,200)を別途購入すると、¥68,200になりますが、はじめからツイン版を買うと¥59,400円と1万円近くお得になります。(金額はすべてInsta360オンラインショップでの税別価格)。

ツイン版にせず360度版にした理由

今回は次の二つの理由で360度版を購入することにしました。

  • 360度撮影がメインであること
  • 360度版のパッケージが安かったこと

将来もし、アクションカメラとして使いたくなったら、1インチの広角版を購入したいと思ったことも、理由のひとつになるかもしれません。

360度版パッケージの種類

Insta360 ONE Rはツイン版にしても360度版にしても、あると便利なアクセサリーがパッケージになったものがあります。

  • メモリーカードセット版
  • 自撮り棒付き
  • プレミアムセット
  • クリエイターキット
  • バイクセット
  • 遠足撮影キット

パッケージの種類は別ページ

どのパッケージにしようか迷いましたが、絶対必要な、同時に購入しておいた方がよいアクセサリーを考えました。

  • 予備のバッテリー
  • 自撮り棒
  • 小型の三脚

この3つは最低限必要と考えたので、選んだパッケージはさいごの遠足撮影キット。

Insta360 ONE R 遠足撮影キットの内容

Insta360 ONE R 360度版
自撮り棒
バレットタイムハンドル(三脚)
SDカード
レンズ保護フィルター
バッテリーベース
高速充電ハブ

Insta360 ONE R 360度版

こんな箱に入っていました。

Insta360 ONE R本体


同梱していた物は

  • コア
  • 360度デュアルレンズモジュール
  • バッテリーベース
  • マウントブラケット
  • 360度デュアルレンズモジュール用レンズキャップ
  • 充電ケーブル

そのほか、取説やシールなどがはいっています。

Insta360 ONE R同梱の品

ツイン版など他のセットに共通している物

  • コア
  • バッテリーベース
  • マウントブラケット
  • 充電ケーブル

コア

4K版や1インチ版などと共通モジュールです。

Insta360 ONE Rコア


上部の赤丸がシャッター/動画撮影スタートストップ そのとなりが電源スイッチです。

画像左下の液晶はタッチパネルになっているようです。

360度デュアルレンズモジュール

360度カメラモジュールです。コアとドッキングさせて使用します。

Insta360 ONE Rカメラモジュール


バッテリーベース

ツイン版など他のセットと共通モジュールです。

Insta360 ONE Rバッテリーベース


コアとカメラモジュールをドッキングさせたあと、上からはめ込みます。

マウントブラケット

ツイン版など他のセットと共通モジュールです。

本体をセットすることで、三脚などに固定できます。アクションカメラで超有名なGoPro仕様になっています。

Insta360 ONE Rマウントブランケット


Insta360 ONE Rと同時購入したアクセサリー

遠足キットにパッケージになったアクセサリーです。

バッテリーベース x1=¥3740
高速充電ハブ x1=¥5060
レンズ保護フィルター 1ペア=¥3740
SDカード x1=¥1099
自撮り棒 x1 +
バレットタイムハンドル(三脚)x1=¥6880

バッテリーベース

バッテリーの持ちが公称70分ということですが、実質小一時間というレビューがあったので、同時に購入しておきたいアクセサリーのナンバーワンでした。

Insta360 ONE Rバッテリーベース


本体に付いているものと全く同じ物です。

高速充電ハブ

本体とACアダプター、USB-A⇄USB-Cケーブルが付いています。
こちらで充電するときは、必ず付属のACアダプターを使用します。

高速充電ハブ一式

バッテリーベース2個を同時に高速充電してくれます。

高速充電ハブとバッテリーベース2個

レンズ保護フィルター 1ペア

レンズに直接付けるのではなく、マウントブラケットに取りつけます。

MicroSDカード

San Disk社の32GB、UHSスピードクラス3 V30が付いていましたが、32GBでは容量が全然足りないようです。

MicroSDカード32GB

別途128MBのMicroSDカードを2枚購入し、これは予備の予備として使用します。

自撮り棒+パレットタイムハンドル(三脚)

自撮り棒とパレットタイムハンドルが同梱になっていました。

自撮り棒とパレットタイムハンドル

右が自撮り棒、左がバレットタイムハンドル。

自撮り棒、はInsta360 ONEやInsta360 ONE Xなど他のInsta360製品にも使えます。

自撮り棒

自動で画像に写らなくなるのが最大の特徴といっていいでしょう。長さは縮めたときが28cmで伸ばしたときは120cm。ネジの太さは1/4インチ。下にも1/4インチのネジ穴が付いていて、別の三脚などとつなぐことができます。

自撮り棒のカメラ穴

パレットタイムハンドルは1/4カメラのネジ穴が2つ。軸に水力方向のネジに自撮り棒を取り付けることで、簡単にバレットタイム撮影ができます。

バレットタイムハンドル

バレットタイム撮影した動画↓

ぐるぐる回すとマトリックス! Insta360 ONEでバレットタイム撮影

簡易的に三脚にもなるのでセットで買いました。

バレットタイムハンドル簡易三脚

さいごに

今回はInsta360 ONE R本体と購入したアクセサリーについて紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました