MENU

消毒液 アルコール 塩素系漂白剤

消毒液

何日か前の記事で、アルコール消毒液の代用品として、市販の塩素系漂白剤が代用になると書きました。

新型コロナ 疑問 あさチャン! | 気ニナル身ニナルうぇぶのぉと

前回の記事では留意点など表現がわかりづらいところがあったと思われるので、今回あらためて液の作り方、使い方など含めてまとめました。前回と重複するところがありますがご了承ください・・・🙇

塩素系漂白剤を使った消毒液

ご注意ください!

塩素系漂白剤の原液は非常に高いアルカリ性になっています。希釈した液でも、手荒れなど皮膚を傷める危険性があるので、手指の消毒に使うのはやめましょう

用意するもの

  • 塩素系漂白剤
  • 500mlの水
  • ゴム手袋
  • 霧吹きヘッド

塩素系漂白剤は事前に濃度を確認しておいてください。市販の物は5%あるいは6%のものが多いです。
ゴム手袋は手に直接漂白剤がつかない様にするためつけます。
霧吹きヘッドとは100均などで売っているペットボトルが霧吹きになる道具。必須ではないですがあると使い勝手がよくなりそうです。

消毒液専用にこんなやつを買っておくのもいいかもしれません。

作り方の実際

厚労省が推奨する稀釈濃度は0.05%です。

①ゴム手袋をはめます

②500mlのペットボトルに入った水に、濃度が0.05%になるように塩素系漂白剤を入れて混ぜます。

入れる量は

  • 濃度が5%ならペットボトルのキャップ1杯
  • 濃度が6%ならペットボトルのキャップ8割

③ペットボトルに霧吹きのヘッドをつける

漂白剤を稀釈した消毒液の使い方

繰り返しますが
手の消毒には使えません

ペーパータオルなどに何回か吹き付けて当該部分を拭きます。拭いた方がよい場所としては

  • ドアノブ
  • 水道の蛇口
  • 電灯などのスイッチ
  • リモコン

など、みんながよく触るところを拭きましょう。お店の椅子やテーブルなど不特定多数の人がふれる場所にも有効です。

漂白剤を稀釈した消毒液を使う上での留意点

① 金属をふいてそのままにするとさびることがあります。消毒した後は水拭きすると安心です。

② 作ったらその日のうちに使い切りましょう。消毒の効果はそれほど長くは持ちません。

③ 日が当たると効果が下がるので、日の当たらない暗い場所に置いてください。

次亜塩素酸水は市販されています

案外簡単に作れる消毒液ですが、お店などで大量に使う場合は手間が大きいかもしれません。楽天市場で次亜塩素酸水として売っています。

そのまま使えるもの、何倍かに稀釈するものなどいくつかタイプがあるようです。

6月3日追記
追記した時点で、次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する有効性がはっきりしていません。
また、次亜塩素酸水を加湿器などで噴霧することも有効性があるとはいえず、逆に人体に悪影響がある場合があるのでやめましょう。
次亜塩素酸水による手指消毒の有効性も検証中です。

新型コロナ以外の、ノロウイルスやインフルエンザウイルスなどに対しては有効です。下のページを参照下さい・・・

あわせて読みたい
次亜塩素酸水 新型コロナウイルス あさチャン! (この記事は2020年6月1日に書きました) 新型コロナ対策で品薄状態が続くアルコール消毒液。その代用品として広く使われている次亜塩素酸水なんですが、 先日経産省が...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次