MENU

ネプリーグ 俳句 松尾芭蕉

アイキャッチ

7月25日放送のネプリーグでの林先生の解説から。

最初のステージ、二つの空欄をペアで答える「ネプゴーアラウンド」での一問。

問題

小学生で習う松尾芭蕉の俳句。空欄に入るのは?

「閑かさや 岩にしみ入る ○○の○○」

もちろん答えは・・・

せみこえ

ですね・・・

ここから林修先生の解説。

この句は、芭蕉が山形県立石寺(りっしゃくじ)に立ち寄った時に詠まれた句、といわれています。

芭蕉が俳句を詠んだ寺

閑さや岩にしみ入る蝉の声

では

その時鳴いていたセミは何ゼミだったんだ?

という(管理人個人的には考えもしなかった)疑問について、2人の文学者が大論争したんだそう。

2人の文学者とは「斎藤茂吉」と「小宮豊隆」。

斎藤茂吉は大正から昭和初期にかけて活躍した歌人。小説家北杜夫さんのお父さんですね。

小宮豊隆は夏目漱石の弟子で文芸評論家。

それぞれの主張は

斎藤茂吉

アブラゼミ

小宮豊隆

ニイニイゼミ

議論は続くも結論は出ず、茂吉は現地に赴いて調査すると・・・

句が詠まれた時期にはアブラゼミは鳴いていないことが判明。茂吉はニイニイゼミ説を受け入れました。

ちなみにそれぞれのセミの鳴き声をオノマトペで表現すると

ニイニイゼミ

チィー

アブラゼミ

ジージリジリジリ

セミといえば、今年(2022年)の夏はセミの鳴き声があまりしないな〜というのを、ちょっと前、別の番組で見たような気が・・・

ちなみに今回のトロッコアドベンチャーの商品は

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次